耳を塞ぐ人

外へ音漏れがしないようにする防音工事|ノウハウを持った業者を探す

  1. ホーム
  2. 自宅で楽器を弾く場合

自宅で楽器を弾く場合

防音

自宅でピアノやドラムなどの楽器の演奏を練習する場合、隣近所に対して、とても迷惑になります。人が少ない昼間に練習する場合でも、そもそも防音対策もなされていないような住宅で楽器を演奏することはマナー違反です。どうしても住宅で楽器の演奏をしなければならない場合には、それなりの防音対策を施すことが必要です。特にピアノ教室などを自宅で開く場合には、長時間にわたってピアノを演奏することになりますので、きちんとした対策を取る必要があります。音には、空気を伝わる場合と床などの固体を伝わる場合がありますが、目的に応じて適切な対応を施して、音を遮断する必要があります。数百万円はかかる工事ですから、納得のいく防音工事にしなければなりません。

実際に行われる防音工事としては、壁や扉、床を多重化する工事があります。壁や床などを二重にして、間に防音材を入れることで音漏れを防ぎます。空気を伝わる音を遮断しますが、厚さが厚ければ厚いほど効果が高まりますし、密度が高ければ高いほど音が漏れません。その分だけ室内は狭くなってしまいますが、音漏れを防ぐためにはやむを得ません。また、音は窓や扉などの開口部から漏れる場合が多いので、それらも多重化する必要があります。ただ単に多重化するだけでなく、窓や扉の隙間をしっかりと埋めることも必要です。通常は、開口部には隙間がありますので、どうしても音が漏れてしまいます。開口部を多重化するとともに隙間をふさぐことで、防音効果を高めることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加