耳を塞ぐ人

外へ音漏れがしないようにする防音工事|ノウハウを持った業者を探す

  1. ホーム
  2. 業者との意思疎通が重要

業者との意思疎通が重要

作業員

防音工事のイメージ

住宅内でピアノを弾く人は少なくありません。趣味程度に昼間の時間に短時間弾くくらいであれば、近所に鳴り響いてもそれほどのクレームは来ませんが、それも、頻繁になってくると問題になる可能性があります。特に、子どもがピアノを弾く場合には、長時間にわたって夜の時間に弾いたりしますので、防音室が必要になってきます。住宅内に防音室を整備する場合には、防音工事を行う専門業者に依頼することになりますが、業者選びを失敗すると期待通りの効果を得ることができない場合があります。防音室の工事をしてもらう場合には、どの程度までの防音をしてもらいたいのか、どのような防音をしてもらいたいのかをきちんと業者と話し合うことが重要です。

業者に伝えること

防音室の工事には数百万円の費用がかかりますので、やるからには希望通りの防音効果が得られるようにしなければなりません。発生する音源がどの程度の大きさなのかを業者に伝え、それをどの程度まで防音したいのかというイメージが重要になります。さらには、その音がどのような状況で、どのような時間帯に発生するのかも重要ですので、業者にきちんと伝えなければなりません。いくら専門の業者でも、依頼主のイメージが十分に伝わっていなければ、依頼主の希望通りの防音室をつくることはできないのです。防音工事には、壁を厚くしたり、サッシを多重化したり、床を二重にしたりする方法がありますが、防音室をつくるためにはすべてを実施して防音性を高めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加