ヘルメットを持つ人

外へ音漏れがしないようにする防音工事|ノウハウを持った業者を探す

住宅の防音対策

メンズ

音漏れを防ぐ

住宅に防音対策を施したいと考える人は多くいます。例えば、ピアノを演奏したり、ドラムを演奏したりする場合には、建物内はもちろんのこと、隣近所にも音は筒抜けになりますので、何らかの防音工事を行わなければなりません。また、飛行機や自動車、電車などの騒音がうるさい場合や、集合住宅で上階の音がうるさい場合なども防音工事を行うケースがあります。ただ、防音工事を行うのは簡単ではありませんし、十分にノウハウをもった業者に依頼しなければ、お金だけかかって十分な効果が得られないということになりかねません。特に、どの程度の防音効果を求めているかをよく意思疎通しておかなければ、工事が終わった後になって、予想以上に音漏れが大きくクレームを言うことになるかもしれません。

防音対策の方法

防音工事の方法としては、人の声や楽器の音などの空気を伝わっていく音を遮断する方法と、上階の足音やトイレの排水管の音など個体を伝わっていく音を遮断する方法とがあります。空気を伝わっていく音を遮断するためには、より重くて厚い防音材を壁に挟み込むことで音漏れを防ぎます。また、窓や扉などの開口部を多重構造にしたり、開口部の隙間をつくらないように確実にふさぐことも重要です。個体を伝わっていく音を遮断するためには、鉄筋コンクリートなど構造が強固な建物にするのが一番ですが、その上で、床を二重にしたりマットを敷いたりすることで音を吸収させます。いずれの防音工事においても、音の発生源を囲い込むことが大切ですので、狭い方が安い費用で工事ができます。

作業員

最も高度な遮音性能を実現

自宅で楽器演奏を行う場合は、近隣に配慮した防音工事を施した専用の練習室を作ることが欠かせません。特に低音や振動が大きいドラム練習室では、浮遮音層構造と防振材を併用することでD-70からD-65の遮音性能が実現されます。防音工事の得意なリフォーム業者は、緻密な音響計算に基づく設計・施工を行っています。

防音

自宅で楽器を弾く場合

自宅で楽器を弾く場合には適切な防音工事をしなければ隣近所に迷惑をかけてしまいます。壁や床や開口部などを多重化することによって、音漏れを防ぐことができます。部屋全体を包むように防音対策を施すことが重要です。

作業員

業者との意思疎通が重要

防音室をつくる場合には、業者に防音のイメージをきちんと伝えることが大切です。どのような音がどんな時間帯に発生して、どの程度まで防音したいのかという希望を伝えなければ、いくら経験豊富な業者であっても、希望通りの防音室をつくることはできません。

このエントリーをはてなブックマークに追加